内視鏡は下垂体腫瘍、脊索腫、頭蓋咽頭腫のみならず様々な脳腫瘍に対して有効な治療法です。愛知、東海地方の中核病院である名古屋大学脳神経外科の内視鏡治療をお知らせします。

新たな低侵襲内視鏡手術

  • HOME »
  • 新たな低侵襲内視鏡手術

内視鏡手術は器具の開発によりその適応範囲が広がる可能性があります。
現在我々は手術に利用する硬性小物などを企業と共に開発しています。
ここでは新たな手術法についてご紹介をさせていただきます。

シリンダー手術
顕微鏡手術と違い小さな間口でも手術が可能です。また脳の中に存在する腫瘍の摘出では脳を大きく切り裂いて深部に至る必要がありますが、シリンダー手術では小さな筒を挿入しその中で手術を行うことで周囲の脳への影響を最小限に抑えることが出来ます。また内視鏡は水中で手術を行うことが出来ます。水中で手術を行うことで摘出腔を広げ残存腫瘍の可能性を下げることが出来ます。

PAGETOP