内視鏡は下垂体腫瘍、脊索腫、頭蓋咽頭腫のみならず様々な脳腫瘍に対して有効な治療法です。愛知、東海地方の中核病院である名古屋大学脳神経外科の内視鏡治療をお知らせします。
最近のトピックス
  • HOME »
  • 最近のトピックス »
  • 未分類

未分類

新たな経鼻頭蓋底術後髄液漏の予防法の有効性について論文報告

頭蓋咽頭腫や一部の鞍結節部髄膜腫に対して経鼻的内視鏡手術は有効な治療法と言えます。 開頭術と違い、脳を引くことなく病変に直接アプローチすることができ安全、低侵襲な治療ですが、術後に脳周りにある髄液が鼻から漏れてしまう髄液 …

脳幹部海綿状血管腫に対する治療法について雑誌掲載

脳幹部海綿状血管腫は脳外科の中でも非常に難しい治療の一つです。 我々は脳幹海綿状血管腫をより正確に、より安全に、より低侵襲に摘出することを目標として内視鏡を用いた治療を積極的に行なっています。 この術式を「脳神経外科速報 …

内視鏡を用いたより低侵襲な経鼻開頭同時手術の論文報告

経鼻内視鏡手術は下垂体腺腫や頭蓋咽頭腫、脊索腫などの頭蓋正中に位置する腫瘍に非常に有効です。 しかしながら外側に伸展したものについては経鼻術のみでの摘出は難しく、無理に鼻から摘出することで周りの血管や神経を損傷したり、術 …

新たな内視鏡下頭蓋底手術の再建法について論文報告

経鼻的に頭蓋内の腫瘍を摘出する際に最も問題となるのは髄液漏(脳のまわりにある髄液という液体が鼻に漏れてきてしまう)です。 これまで様々な再建方法が報告されてきましたが、確実な再建法は現在までのところ存在しません。 日本国 …

カテゴリー

PAGETOP